入居を考える

複合商業施設

保証会社付きの賃貸物件というのを、最近よく見かけるようになりました。これは、普通の大家さんがいる物件とはどのように違うのでしょうか。大家さんがいる物件は、収入があることももちろん条件の1つですが、その大家さんと実際に話してみて、話しがまとまれば入居できることが多いです。これに対して保証会社付き物件は、入居前にまずその会社の審査を受けるのが特徴です。 審査は、その人の家賃支払い能力を見るためのものです。クレジットカードの審査にちょっと似ています。毎月きちんと支払うことが条件ですから、期日までに入金が出来ず、ブラックリストに登録された場合は審査で落ちる可能性があります。もちろんその場合は、その賃貸物件への入居はできません。また、当然ですが、収入が無い場合ももちろん入居は不可能です。

この保証会社付き物件が増えた背景には、保証人の問題があります。かつて賃貸物件は若い時の仮住まいでしたが、最近はそこそこの年齢でも、賃貸住まいを選ぶ人が多くなりました。 しかし、大家さんがいる物件では保証人が必要になります。しかし、既に親は年金暮らしで、親戚にも頼みにくいこともあるため、保証人のなり手がいない人もいるわけです。そのため、収入があってブラックリストに入ってさえいなければ、入居が可能な保証会社付き物件が多くなったわけです。 しかし、もし何かで延滞してしまってブラックが付き、審査に通らないような場合はどうしたらいいのでしょう。そういう場合は、やはり大家さんのいる物件が一番です。保証人がいなくても、家賃を支払える能力があれば入居は可能ですし、たとえば家賃を半年分前払いしておくなどで、意外とすんなり入居できることもあります。静岡市にも大家さんのいる賃貸は多くありますので静岡市で賃貸を探すときにはこういったこともしっかりと見ていくことです。