マンションを考える

白い洋風住宅

マンションに住む時は借りるべきなのか買うべきなのかを迷う人も多いのではないでしょうか。昔からこの比較は行われています。 金銭面で見ると最終的にはそれほど大きな差はありません。ただ初期費用だけで見ると賃貸マンションの方が安く見えるのです。 賃貸マンションの別のメリットといえば気軽に引っ越せることです。例えば旦那が転勤をしたり進学に合わせて学校の近くに引っ越しすることや実家等の事情で実家の近くに引っ越すこともあるかもしれません。 こういった場合は賃貸マンションの方が何かと便利なのです。 このように、自由に移動できるのが賃貸マンションの強みです。購入した場合、つまり分譲マンションに住んでいる場合はこのように簡単に引っ越すことができません。そのような点も考慮して住宅を探す必要があります。特に東京の中央区にはこれが多くあるので中央区で物件を選ぶ時には慎重に選ぶことです。

では分譲マンションにはどのようなメリットがあるでしょうか。分譲マンションの最大のメリットはそこを購入したということです。例えば子供育てる場合はできるだけのびのびとした環境が良いと言われていますが、賃貸マンションと分譲マンションの比較では例外を除き分譲マンションのほうが部屋が広いというメリットがあるのです。 逆に言えば賃貸マンションには家族で済むような大きさの難所があまり見られないため、30代40代の賃貸マンションズ住まいの人は意外と少ないのです。 ただし、誰でも分譲マンションに住めると言うわけではありません。やはり初期に購入するときの資金をどうするかという問題が出てきてしまうのです。 逆に言えば初期費用が安いことが賃貸マンションのメリットになります。